カーボン印刷

同業の印刷会社様への特別なサービス!

当社は、印刷のみの仕事(刷本渡し)も受け付けております。
お客様のお手元にある印刷機や製本機を使うことで、コストやムダをはぶき、大変好評をいただいております。

当社が創業当時から行っており、伝票のウラ側にカーボンインキが刷り込まれているタイプの伝票で、手書き伝票から連続伝票まで対応しております。インキの色は、主にアオ、クロになります。

  • 必要な部分だけ複写ができ、不正・偽造防止に役立ちます。
  • 複写された部分の耐久性・保存性に優れています。

カーボン印刷とは

「印刷をできるところが、少なくなってきた」「作業自体が非常に面倒で、自社で刷らないで外注に任せる」といった声を耳にすることが多くなりました。当社では、機械設備とそれを活かす技術でそのような声にお応えすることができます。
印刷時には、温度設定や冷却調整、印圧などを注意深く調整することで、カーボンインキ部分の平滑で、インキムラのないツヤのある状態で仕上げます。高い技術、豊富な経験と知識による連続伝票・手書き用伝票は、同業の印刷会社様からもご好評をいただいております。
カーボン印刷の生産数は減りつつありますが、印字された部分の耐久性・保存性の高さというメリットを活かし、いまも使用され続けております。

商品仕様

印刷 オモテ面の印刷については、オフセット印刷凸版印刷で行います。
場合によっては、UVインキを使用しての印刷も行います。
インキ 常に品質改良を続けている内外カーボンインキ社製を使用しています。
カーボン版 当社は樹脂版を使用せず、ゴム版を使用することで、温度変化に強く、カーボン部分のかすれなどのトラブルが起きにくいです。
用紙 MCPハイコロナフォームを使用しています。

ご連絡する前に準備すること

お客様用

  1. 1点目
    カーボンの色は何ですか?
  2. 2点目
    伝票のサイズは?(タテ・ヨコ、ミリ単位でお願いします)
  3. 3点目
    それぞれ印刷内容(タイトルなど)や刷色、カーボン部分の変更はありますか?

業者様用

  1. 1点目用紙サイズと面付数を教えてください。
  2. 2点目通し枚数を教えてください。
  3. 3点目カーボン版のサイズを教えてください。

お見積もりまでの流れ

FAXからのお見積もり依頼

  1. お見積もり依頼シートを開いて印刷して下さい

    連続伝票用のシートを開く

    手書き伝票用シートを開く

    カーボン部分印刷用のシートを開く

  2. シート内の必要事項をご記入下さい。
  3. お見積もり依頼シートをFAXで送り、お使いになっている伝票見本を郵送して下さい。
  4. FAX番号:052-712-2861までお送り下さい。

ホームページからのお見積もり依頼

  1. 無料お見積もりページを開いて下さい。
  2. フォーム内の必要事項をご入力下さい。
  3. 現在、ご使用の伝票のデータまたはスキャンデータを添付して下さい。
  4. 入力内容を確認するボタンをクリックし、内容が問題なければ送信ボタンをクリックして下さい

    連続伝票用 お見積りフォーム

    手書き伝票用 お見積りフォーム

    カーボン部分印刷用 お見積りフォーム

弊社から確認のご連絡をさせて頂きます

受付時間:平日9時~17時
休日:土・日・祝日

メールによるお問い合わせ

よくあるご質問

カーボンで記入した文字は、どのくらいもつものですか?

とても難しい質問です。
ノーカーボン紙で書いたものよりは、耐久性は高いと思います。そのためか、現在でもカーボン伝票を金融機関や役所などでお使いになられています。しかし、何年もつかということになりますと、明確に回答できません。一説では5年、10年と言われますが、保存状況にもよると考えられます。

カーボンを両面に刷ることはできますか

とても難しい質問です。
技術的には、両面に印刷することは可能です。しかし、機械の特性上、汚れが出ることがあります。押さえゴマ、ベルト、ローラーなどについたカーボンインキの汚れが、用紙についてしまう可能性があります。これらのリスクを考え、発注する、やめておくという判断をお願いします。

カーボン刷りの時に、ミシンは入れることができますか?

申し訳ないですが、カーボン印りの時に同時にミシンを入れることはできません。表面を印刷した時に、ミシンを入れてください。

カーボン印刷に関するその他のよくある質問を見る

▲ このページの先頭へ